阿嘉島のおすすめ観光情報!島の魅力をご紹介♪|沖楽

慶良間諸島 おすすめ観光情報

慶良間諸島 ビーチ

慶良間諸島 観光スポット

慶良間諸島 アクティビティ

慶良間諸島 施設(宿・飲食等)

慶良間諸島 フェリーアクセス

  • トップページ
  • ビーチ
  • 観光スポット
  • アクティビティ
  • 施設(宿・飲食等)
  • フェリーアクセス

“ケラマブルー”の人気に賑わう慶良間諸島の中でも一目置かれる、少し趣きの異なる島。
座間味島と同じく“座間味村”に属するその島は、『ほとんど何もない』事が最大の魅力ではないだろうか。
少し集落を外すだけで際立つ“島の原風景”。聞こえてくる“波の音”と、視界に広がるどこまでも“青い海”。
そして街灯が邪魔する事のない漆黒の夜空に輝く“満天の星々”には、誰もが指差す事が出来る“天の川の軌跡”。
『阿嘉島』は、日常に溢れかえる様々な利便性と引き換えに、“かけがえのない何か“がある島。
何気ない情景を思い出すだけで胸が震える・・・そんな心が恋い焦がれる島。

阿嘉島の写真

阿嘉(あか)島とは

沖縄本島の玄関口「那覇市」市内にある「泊港(とまりこう)」より、高速船で約50分・フェリーで約120分。
沖縄本島の南西約40㎞の海に浮かぶ「慶良間諸島」に属する離島です。

阿嘉島の魅力

ダイバーの聖地として世界中から注目をされる慶良間諸島にあって、
その美しい自然とシンプルさがひときわ際立つ島。
中でも「北浜」と書いて「にしばま」と読む“ニシバマ”ビーチの透明度と美しさは圧巻。
波打ち際から沖へと広がる“ケラマブルー”のグラデーションは、一度訪れた者の心を掴んで離すことがない、沖縄県内でも屈指の人気ビーチです。そんな美しい海を舞台にしたダイビングは非常に人気が高く、またシュノーケリングやシーカヤック・SUPなどのアクティビティにもリピーターが多い。
2013年3月に慶良間諸島が国立公園に指定されてからは特に、多くの観光客が訪れ、中には“余計なものがない”阿嘉島のロハスなライフスタイルを求めて訪れる欧米人の姿も多く見られる。
また阿嘉島近隣には、橋続きで渡る事の出来る「慶留間(げるま)島」と「外地(ふかじ)島」があり、それぞれの島が合わさって、より一層魅力的なスポットとなっています。

阿嘉島の写真

阿嘉島のビーチ

阿嘉島の東側にある「北浜」と書いて「ニシバマ」と読むビーチでは、夏季シーズンの間は監視員の駐在もあり、海水浴やシュノーケリングを手軽に楽しむ事が出来ます。
ビーチ入り口付近にある売店では、シュノーケル器材やビーチパラソルのレンタル、軽食・飲料水の販売も行っています。
またビーチ入り口付近には、トイレ・シャワー・自動販売機もあります。阿嘉港からニシバマへのアクセスは、途中軽いアップダウンのある道を自転車を利用して約10分~15分、徒歩だとおおよそ30分ぐらい要します。島内にレンタカーやタクシー・公共のバスはありませんが、レンタルサイクルやレンタルバイク、そして島に宿泊する場合はその宿泊先によるビーチ送迎や、器材レンタルショップの送迎サービスを利用できるところもあります。ニシバマまでの道のりにある草原には、野生の「ケラマジカ」の通り道もあり、運が良ければその姿を見る事が出来ます。その他にも島の南側や西側に、「前浜」や「阿嘉ビーチ」「クシバルビーチ」「ヒズシビーチ」などの美しいビーチがありますが、夏季シーズンであってもライフセーバーなどがいない自然のビーチになるため、シュノーケリングなどの遊泳には「ライフジャケット」などの浮力体を装備した上で、離岸流への知識など充分な注意が必要です。

阿嘉島の写真

阿嘉島の年間気温

阿嘉島の気候は同じ村内の座間味島と同様に、例年4月前半頃から日本本州の初夏のような気候となり、6月半ばの梅雨明けからは平均30度近くなる、日差しの強い真夏日がやってきます。
2013年3月に慶良間諸島国立公園として認定されてからは、阿嘉島を訪れる観光客も増加傾向にあり、特に夏休み時期となる7月8月には、座間味島や阿嘉島を訪れる人々で、高速船の予約が困難となる事があるので注意が必要です。
繁忙期を過ぎた8月末以降から11月中旬頃までの間は、引き続き25度~30度近い爽快な気候が続く事から、マリンスポーツや長期滞在など、引き続き阿嘉島を訪れる人々で賑わいを見せます。島内のビーチでは基本的に年間で遊泳が可能ですが、繁忙期を過ぎた10月末にはビーチの夏季運営が終了します。
11月よりだんだんと気温も低下し、中旬頃からは次第に北風が強く肌寒くなってくる事から、例年その頃からは、肌をさらした海水浴には向かない時期へと移行していきます。
ですが、ウェットスーツを着用して参加するプロショップ主催のシュノーケリングや体験ダイビングのツアーであれば、寒い時期でも水に入るプランに参加する事が出来、終了後は温水シャワーもあるので、年間を通して美しい阿嘉の海を満喫する事が出来ます。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(°C) 19.3 20.2 21.2 23.6 26.4 28.8 31.4 31.3 30.4 27.9 24.7 21.1 25.5
平均気温(°C) 17.3 18 18.8 21.2 23.9 26.3 28.8 28.8 27.9 25.6 22.7 19.1 23.2
最低気温(°C) 15.4 16.1 16.7 19.2 21.9 24.5 26.8 26.7 25.9 23.9 21.1 17.2 21.3
降水量(mm) 105.9 106.6 125.8 157.1 237.8 291.2 106 164.9 199.1 165.9 110.1 108.9 1879.4

阿嘉島のアクティビティはこちら

阿嘉島内の移動方法

阿嘉島の写真

レンタルバイク及びレンタルサイクル
阿嘉島島内には、レンタカーやタクシー、公共のバスなどの交通機関がありません。ですので島内の移動は、基本徒歩もしくはレンタルバイクやレンタルサイクルが必要となります。
■レンタルバイク/自転車
宿泊施設による送迎サービス
レンタルバイクやレンタルサイクル以外での島内移動手段としては、宿泊先が行っているビーチへの送迎サービスがあります。
各施設によって有料であったり無料であったり形態は様々ですので、詳しい情報の入手は施設へ直接問合せを行う必要があります。

座間味村及び慶良間諸島内の移動手段

座間味島から阿嘉島への移動手段として、高速船やフェリーをご利用いただく以外に、村内航路「みつしま」が運行されています。
またこの「みつしま」は、お隣の島「渡嘉敷島」までの航路(予約制)としてもご利用可能です。
「みつしま」のチケットは座間味港内チケット販売所で購入出来ます。

座間味島の写真

村内航路「みつしま」
<一般料金>
■座間味港-阿嘉港間
大人片道 300円(身障者150円)  子供片道 150円(身障者片道 70円)
75歳以上無料※身障者料金は日本国で認定された障碍者手帳を掲示された方のみ対象となります。■阿嘉港-阿波連(あはれん)港間
大人片道700円※座間味村から渡嘉敷村への入村は、渡嘉敷村環境協力税100円が課税されます。
※上記理由により、阿嘉島と阿波連港を往復する場合は、
 700円+100円+700円=1,500円となります。
みつしま(ケラマ航路)ご予約
座間味村役場産業振興課船舶係 098-987-2614
みつしま運行ダイヤ/4月~10月
便 座間味
阿嘉
着・発
阿波連
着・発
阿嘉
着・発
座間味
1便 7:45 8:00 寄港なし
8:15
2便 8:30 8:45 9:05 9:25 9:40
3便 11:45 12:00 寄港なし
12:15 12:30
4便 14:30 14:45 寄港なし
15:00
5便 15:30 15:45 16:05 16:25 16:40
6便 17:30 17:45 寄港なし
18:00
みつしま運行ダイヤ/11月~3月
便 座間味
阿嘉
着・発
阿波連
着・発
阿嘉
着・発
座間味
1便 7:45 8:00 寄港なし
8:15
2便 8:30 8:45 9:05 9:25 9:40
3便 11:45 12:00 寄港なし
12:15 12:30
4便 14:30 14:45 寄港なし
15:00
5便 15:30 15:45 16:05 16:25 16:40
6便 17:20 17:35 寄港なし
17:50

【※注意※】
・2便/5便は渡嘉敷渡航者の予約時のみ運行される渡嘉敷島「阿波連港」行きケラマ航路(乗合)です。
・渡嘉敷島渡航のご予約は、2か月前からとなります。

トップページ

このページの先頭へ