水納島(みんなじま)への行き方徹底ガイド!那覇や美ら海水族館からどう行く?

知花

はいた~い♪沖楽スタッフの知花です。

沖縄本島北部の本部町から定期船で15分。水納島(みんなじま)は、透明度の高い海とサンゴ礁に囲まれた小さな島です。

島の形が三日月のようになっていることから、「クロワッサンアイランド」とも呼ばれています。

知花

今回は、水納島への行き方をご紹介します!

水納島への行き方はツアー参加 or 定期船が基本!

水納島への行き方は、主に次の2通りです。

水納島への行き方
  • ショップ開催の水納島ツアーを利用する
  • 沖縄本島北部の渡久地港から定期船を利用する

ツアーに参加する場合は、ショップ指定の集合場所から船で水納島へ向かいます。

ツアーに参加せず水納島へ行く場合は、沖縄本島北部本部町(もとぶちょう)の渡久地港(とぐちこう)から定期船を利用します。

知花

次は、定期船についてご説明します。

水納島行き定期船の料金など

渡久地港と水納島を結ぶ定期船の詳細は、次のとおりです。

便数オフシーズン 1日3~4便
ハイシーズン 1日6~11便
所要時間15分
運賃往復:大人1,730円、小人880円
片道:大人910円、小人460円
輸送運賃往復:自転車740円、原付1,200円、二輪自動車1,460円
片道:自転車370円、原付600円、二輪自動車730円

1日の便数は時期で変わります。また、記事作成時は新型コロナの影響で減便運航中とのことでした。

ご旅行予定日の時刻表は、定期船を運航する水納海運の公式サイトか、本部町観光協会公式サイトの交通案内でご確認ください。

知花

ちなみに、乗船券の予約はできません。乗船当日に渡久地港で購入します。

水納島行き定期船が出る渡久地港の場所や行き方

水納島行きの定期船が運航する渡久地港は、名護市街から本部半島の西岸を走る国道449号沿い、本部大橋のそばにあります

渡久地港への行き方をご紹介します。

知花

主に那覇空港からの行き方と、美ら海水族館からの行き方をまとめました。

那覇空港から渡久地港への行き方

那覇空港から渡久地港は車、バス、高速船でアクセスできます。

詳細は次のとおりです。

那覇空港から渡久地港への行き方

【車】
那覇空港から那覇空港自動車道・沖縄自動車道経由で約1時間30分。許田IC通過後、国道58号・449号を本部方面へ

【バス】
・那覇空港からやんばる急行バス(空港線)で「本部博物館前バス停」下車徒歩10分

・那覇空港から系統番号111・117番(高速バス)、20番乗車、名護バスターミナルで65・66・70・76番に乗り換え「谷茶バス停」下車徒歩4分

【高速船】
那覇空港から約5kmの泊港(とまりん)から高速船(海からぐるっとExpress)で約75~120分

知花

渡久地港は無料駐車場を備えています。やんばる急行バスは、予約なしで乗車できる高速路線バスです。

名護バスターミナル行きのバスは、ゆいレール「旭橋駅」に隣接する那覇バスターミナルでも発着しています。

美ら海水族館から渡久地港への行き方

美ら海水族館から渡久地港への主なアクセス方法は、車とバスです。

詳細は次のとおり。

美ら海水族館から渡久地港への行き方

【車】
美ら海水族館から県道114号、国道449号経由で約10分

【バス】
・海洋博公園北ゲート徒歩すぐの「ロイヤルビューホテル美ら海バス停」からやんばる急行バス(四島線)乗車、「渡久地港バス停」下車目の前

・海洋博公園北ゲート駐車場(P7)に隣接する「石川入口バス停」から系統番号66・70番乗車、「谷茶バス停」下車徒歩4分

知花

海洋博公園北ゲートは、美ら海水族館から最も近いゲートのひとつです。

水納島内の移動方法

水納島は、1周5kmの小さな島。島内での移動は徒歩が基本です。

観光の主な目的地である水納ビーチは、港のすぐそばにあります。

知花

レンタカーは必要ありません。

水納島への行き方まとめ

最後に、水納島への行き方のポイントをまとめます。

水納島への行き方まとめ
  • ショップ主催ツアーに参加する、もしくは渡久地港から定期船に乗る
  • 渡久地港から水納島は船で約15分
  • 那覇から渡久地港は車で約1時間30分
  • 美ら海水族館から渡久地港は車やバスで約10分
知花

那覇から渡久地港は長距離移動です。時間に余裕を持ってスケジュールを組みましょう。

当サイト・沖楽では、水納島ツアーを多数ご用意しております。下のボタンからぜひご確認ください!

\ 水納島で楽しめるマリンスポーツを多数ご用意! /

レンタカー利用条件
出発地を選択
返却地を選択
出発日時
出発時間
返却日時
返却時間
大人
6〜11歳
0〜5歳
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人