MENU

沖縄|古宇利島への行き方は?交通手段をご紹介!

古宇利島空撮

沖縄本島北部・今帰仁村にある古宇利島(こうりじま)

エメラルドグリーンの美しい海はもちろん、沖縄版アダムとイヴ伝説の言い伝えが残ることから、別名恋島とも呼ばれています。

今回は、古宇利島への行き方を沖楽スタッフが解説します!

知花

沖楽の便利なサービスも合わせてご紹介していきますよ♪

古宇利島は車でアクセスできる離島です!

2005年2月に、古宇利島と名護市の屋我地島を結ぶ全長1,960m古宇利大橋が開通したことで、古宇利島は沖縄本島から車で渡れる離島になりました。

知花

飛行機や船に乗ることなく離島に行けますよ♪

古宇利島にアクセスする主な移動手段は、レンタカー()タクシー路線バス観光バスの4つです。

移動手段料金の相場那覇空港からの所要時間
レンタカー(ハイシーズン)8,500円~/1日1台約1時間30分
レンタカー(オフシーズン)4,000円~/1日1台約1時間30分
観光タクシー24,500円~/1日1台プランにより異なる
路線バス2,700円~/大人1人約3時間
観光バス4,200円~/大人1人プランにより異なる

※2022年5月時点

知花

それぞれ解説していきます。

レンタカーの詳細

那覇空港から古宇利島へは、車で約1時間30分

絶景ドライブスポット、古宇利大橋の両側にはエメラルドグリーンの美しい海が広がります!

ドライブを楽しみながら自由に観光したい方は、レンタカーを活用しましょう。

沖楽なら、お好みの車両タイプ、プランを一括比較ができます!

ぜひチェックしてみてくださいね。

知花

利用するなら事前予約がおすすめですよ♪

名護東道路が開通してさらに便利に!

名護東道路は、全国的にも人気がある、沖縄で最初にできた道の駅「道の駅 許田」のすぐそばにある「数久田IC」から「伊差川IC」を一直線で結んだ道です。

通行量の多い市街地ではなく全長6.8㎞の名護東道路を利用することで、古宇利島をはじめとする北部方面へのアクセスがさらにスムーズになりました。

タクシー、観光タクシーの詳細

一般タクシーの他に、知識豊富な運転手さんにガイドしてもらえる観光タクシーがあります。

観光タクシーの相場は、1日24,500円から。

「仲のいいメンバーやカップルだけで観光を楽しみたい」

「古宇利島の他にも、ツアーでは行かないようなディープなスポットにも行ってみたい」という方におすすめです。

沖楽なら参加人数に合わせた車両タイプからプランが選べてとっても便利ですよ。

路線バスの詳細

路線バスには、古宇利島への直通バスがありません。

那覇空港から出るやんばる急行バスを乗り継いで古宇利島を目指すことができますよ。

路線所要時間運賃
空港線
(那覇空港⇒本部博物館前)
約2時間大人:1,900円
小中学生:950円
四島線
(本部博物館前⇒古宇利島ハートロック)
約50分大人:800円
小中学生:400円

※2022年5月時点

観光バスの詳細

沖縄県内の人気観光スポットをめぐる観光バス

古宇利島はもちろん、沖縄美ら海水族館や琉球村など、本島北部エリアの名所をまわります。

バスガイドさんによる丁寧なガイドも魅力的。詳しくは沖楽でチェックしてみてくださいね♪

古宇利島のアクティビティ情報

透明度抜群のビーチで楽しむシュノーケリングや体験ダイビング、スリル満点のマリンスポーツをはじめ、条件がそろった時に行ける秘密の洞窟でフォトツアーなど、古宇利島ではさまざまなアクティビティが楽しめます♪

人気体験プラン

古宇利島のホテル情報

車で行ける離島・古宇利島には、全室スイートルームアウェイ沖縄古宇利島リゾートなど、美しい景色の中で穏やかなひと時を過ごせるホテルが多数あります!

知花

人数や目的に合わせて選べる古宇利島のプランは下記から確認!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、車で行ける離島・古宇利島への行き方について解説しました。

出発前にしっかりチェックして、お好みの方法で古宇利島を満喫してくださいね☆

航空券+チケット+レンタカー付きプランを検索

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人