米八そば|おいしいそばと楽しいデザートが愛される

沖縄そば

2004年オープン。沖縄市の住宅街にあって、遠くから通って来るファンも多いお店。店内の壁には芸能人など有名人のサインがびっしり貼られています。その人気の秘密はやさしい味わいのそばと、独創的なデザートです。

1.コク深いスープと細麺の相性が抜群

米八そば|トライアスロンそば

 定番といってもいい「ソーキ(豚の骨付きあばら肉)そば」「三枚肉(豚バラ肉)そば」「てびち(豚足)そば」「ゆしどうふそば」などをラインナップ。さらに、創作的な要素の強い品でもお客さんを喜ばせています。

そのひとつがこの「トライアスロンそば」。ソーキ、三枚肉、てびち、そしてかまばこと、ぜいたくな具が載っています。

  

ほぼ透明のスープのダシは豚とカツオで取っており、そのバランスがとてもいい感じ。そのため、あっさりなのにコクがあって、ゴクゴク飲めるほどです。それに特注のストレート細麺が非常にマッチしていて、飽きの来ないおいしさを実現しています。

  

なお、そばはテイクアウトも全国発送も可能です。

米八そば|メニュー

2.そばに劣らずデザートの人気が高い

米八そば|ぜんざい

デザートを目当てに訪れるお客さんも多いとか。その代表がぜんざい(かき氷をのせた沖縄風ぜんざい)です。ひとことでぜんざいといってもバリエーションは豊富で、たとえばかき氷でコウノトリをイメージした作品もあります。

  

ご存じのように、コウノトリは赤ちゃんを運んで来るともいわれる、縁起のいい鳥。このぜんざいを食べると子宝に恵まれるという噂が広がり、それを目当てに来店する女性客もいるそうです。

また、実際に赤ちゃんを授かった人もいると、店主はうれしそうに話します。

  

さらに、グループ全員がぜんざいをオーダーしても、氷の造形はひとりずつ変えるそうです。また、カップル限定のぜんざいも用意されているなど、おもしろい仕掛けがいっぱい。

そのため「おいしかった」だけでなく「楽しかった」と笑顔で帰っていくお客さんが多いといいます。

3.おかあさんと息子が営む温もりあふれるお店

米八そば|店主の永山賀朗さんとおかあさん

 店主の永山賀朗さんは2代目。店は両親が始めたそうで、本土で働いていた賀朗さんが帰ってきて継ぎ、おかあさんに手伝ってもらっています。

親子で切り盛りする店は庶民的で温もりにあふれ、気持ちがほっとする空気感に満ちています。

米八そば|店舗内観

 店内は、おひとり様でも入りやすく、気軽にお食事ができる雰囲気。忙しい人、時間がない人も重宝しそうです。

米八そば|座敷席

広い座敷もあり、グループや家族連れなどもゆったりくつろげます。おそばもデザートもおいしいので、みんなで来店して楽しく過ごすのもおすすめです。

 

text: 吉田 直人

Photo:根原 奉也

(取材:2020年3月)

米八そば

住所
沖縄市泡瀬5-29-6
電話番号
098-938-3266
営業時間
11:00~15:00
定休日
木曜(祝日の場合は営業)
駐車場
あり
座席
35席
喫煙
全席禁煙
https://www.komehatisoba.rocks/
  • sweets

    黒糖カヌレ ほうき星 港川本店

    住所浦添市

    沖縄生まれのカヌレ専門店

    住所沖縄県浦添市港川2−16−2 25号室
  • okinawa-soba

    みよ家

    住所嘉手納町

    天然素材のうまみが疲れた体に染み渡る沖縄そば

    住所沖縄県中頭郡嘉手納町嘉手納463-13 新町2号館
  • okinawa-soba

    3丁目の島そば屋

    住所宜野湾市

    沖縄そばランキング1位の受賞歴あり! 

    住所沖縄県宜野湾市嘉数3-10-1
  • steak

    エメラルドオーシャンサイド

    住所北谷町

    南国のサンセットを眺めながら、こだわりの肉料理を。

    住所沖縄県中頭郡北谷町宮城2-208 5F
  • cafe-bar

    Roguii(ロギ)

    住所沖縄市

    独創的な料理と手作りインテリア、緑の庭に癒される沖縄市のカフェ

    住所沖縄県沖縄市与儀2-11-38
  • ice

    うるまジェラート

    住所うるま市

    沖縄食材をふんだんに使用したひんやりスイーツのお店

    住所うるま市与那城照間1860-1