songbird cafe(ソングバードカフェ)|目の前に広がる西海岸の青い海を眺めながら、ゆった〜りとウチナータイムを楽しめる

カフェ・バー

空港がある那覇市から沖縄自動車道を車で約1時間半、沖縄本島中部に位置する読谷(よみたん)村は、東シナ海に突き出た半島にあります。

 

実はここ読谷村は人口が日本一多い村として有名。

また世界遺産の「座喜味城跡(ざきみじょうあと)」や「三線」の始祖として言い伝えられている人物「赤犬子(アカインコ)」生誕の地でもあります。

 

そんな沖縄の文化に触れ自然を満喫できるエリアに、ゆったりくつろげるとクチコミで人気のカフェがあります。

 

沖縄本島中部を観光の際は「songbird cafe(ソングバードカフェ)」に立ち寄り、ちょっぴりひと休みしてはいかが?

1.居心地良い空間はロケーションとの相性抜群

songbird cafe(ソングバードカフェ)|店舗がある読谷村の風景

songbird cafe(ソングバードカフェ)|店舗外観

読谷村を海沿いに車を走らせると、閑静な住宅街に入っていきます。

 

西海岸の見晴らし良いロケーションが広がり、エメラルドブルーに反射した太陽の光がとても心地よく感じます。

 

そんな都会の喧騒から離れたのどかな場所に佇むのが、ココ「songbird cafe(ソングバードカフェ)」です。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|店舗外観

緑に囲まれた入口にOPENの看板。階段を上がり店内へと進むにつれ流れてくるのは、心地よいBGMと焼き立てベーグルの香ばしい香り。

 

カフェに入店する瞬間から、ふと後ろを振り返ると美しい西海岸のロケーションが広がっている…

 

大自然に包まれる様な何とも不思議で嬉しくなる感覚を体が覚えます。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|店舗内観

中へ入るとテーブル席に可愛らしいカウンターがお出迎え。

木目調に白の空間、ゆったりとした間隔のある席が開放的です。

 

実はこの店内の配置からアイテムの演出まで、全て店主のこだわりなのです。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|白壁と木の家具が温もりある店舗内観

店内から見渡す西海岸の景色は素晴らしい…

 

だからこそ訪れるお客様には心地良く過ごして欲しいと考え、席の間隔を空けあまり物は置かずシンプルな店作りを心がけているのです。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|インテリアとして飾られているカメラ

何気なく配置された可愛らしいアイテム達が、また味があって◎

 

店主自ら心地よいと感じた物だけをちょっとずつ置いており、訪れるお客はその計算された空間にほっこり癒されていくのです。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|半個室

お子様連れでも、もちろん安心♪

本棚で仕切られた半個室は、子供達が走り回っても他のお客様に迷惑はかからず、パパママもゆったり足を伸ばしくつろげる空間になっています。

 

絵本の読み聞かせや、ママ友のおしゃべりの場としても人気です。

2.真心込めた手作りにこだわる

songbird cafe(ソングバードカフェ)|メニュー

居心地良い空間でゆったりティータイム、何気な〜い休憩タイムが実はワンランク上の贅沢だったりします。

 

カフェで朝食と聞くと少しめずらしいですが、元々、宿泊施設のあるレストラン“オーベルジュ”での勤務経験がある店主が、キッチン時代に朝食を作ってた事がきっかけだそうです。

 

丁寧に仕込みから手作りした料理を、とても美味しそうに食べるお客様の笑顔は、時が流れても忘れられないと言います。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|朝食

そこで「songbird cafe(ソングバードカフェ)」でも、お客様に喜んでもらえるように、素材や工程、調理法などを更に強化し朝食をスタートしました。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|テーブルに置かれたベーグル

そんな朝食は勿論、人気のシナモンロールやベーグル、ケーキも全て手作りです。

 

粉から練りこね、発酵させて焼きあげる。

全てを自らの手で作り上げる事にこそ意味があると店主は考えます。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|ココアチョコレートのベーグル

提供するものは空間もメニューも全て手作りにこだわる。

 

常連客の絶えない人気店としてクチコミが広がる理由は、ひと手間もふた手間もかけた店主の想いからなるものなのです。

3.こだわり抜いた器

songbird cafe(ソングバードカフェ)|やちむんで統一されたい店の器

読谷村と言えばやちむん(沖縄の方言で焼物)の里など、焼物でも有名なエリアです。

 

「songbird cafe(ソングバードカフェ)」では使用する器にもこだわり、コーヒーやケーキなどの器は全てやちむんの器です。

 

songbird cafe(ソングバードカフェ)|読谷村にあるやちむん工房「工房コキュ」のお皿

使用されているのは「工房コキュ」の作品。

コーヒーカップや器など全て合わせると、なんと300点以上もあるそうです。

 

大胆な作風が多いやちむんですが、コキュの作品はとても繊細で優しく女性的です。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|工房コキュの紹介カード

様々な器で料理を出してきた店主ですが、この「工房コキュ」の作品を見つけた時には、衝撃が走り一目惚れしたそうです。

 

その足で工房に向かい、直接お願いして器を作ってもらった程です。

 

そんな「工房コキュ」の器も常連客の人気の一つで、中には毎年開催される「読谷やちむん市」に合わせてわざわざ本土から来沖し、コキュの作品を堪能した後「songbird cafe(ソングバードカフェ)」でお食事して帰られる方もいらっしゃるほど。

songbird cafe(ソングバードカフェ)|店内のディスプレイ

ちょっとした所に一手間一工夫がある「songbird cafe(ソングバードカフェ)」。

心地よい休憩が癖になって、目的の観光を忘れちゃうかも!?

 

ロケーションと癒し、ハイブリッドなウチナータイムを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

Photo&text:松本 圭樹

(取材:2020年11月)

songbird cafe(ソングバードカフェ)

住所
沖縄県中頭郡読谷村都屋161−2
電話番号
098-923-2777
営業時間
9:00〜16:00※週末は18:00迄
定休日
月曜日・火曜日
駐車場
あり(7台)
  • sweets

    黒糖カヌレ ほうき星 港川本店

    住所浦添市

    沖縄生まれのカヌレ専門店

    住所沖縄県浦添市港川2−16−2 25号室
  • okinawa-soba

    みよ家

    住所嘉手納町

    天然素材のうまみが疲れた体に染み渡る沖縄そば

    住所沖縄県中頭郡嘉手納町嘉手納463-13 新町2号館
  • okinawa-soba

    3丁目の島そば屋

    住所宜野湾市

    沖縄そばランキング1位の受賞歴あり! 

    住所沖縄県宜野湾市嘉数3-10-1
  • steak

    エメラルドオーシャンサイド

    住所北谷町

    南国のサンセットを眺めながら、こだわりの肉料理を。

    住所沖縄県中頭郡北谷町宮城2-208 5F
  • cafe-bar

    Roguii(ロギ)

    住所沖縄市

    独創的な料理と手作りインテリア、緑の庭に癒される沖縄市のカフェ

    住所沖縄県沖縄市与儀2-11-38
  • ice

    うるまジェラート

    住所うるま市

    沖縄食材をふんだんに使用したひんやりスイーツのお店

    住所うるま市与那城照間1860-1