底地ビーチ(すくじびーち)|時を忘れて癒される“何もしない”を楽しむ、石垣島の人気ビーチ

ビーチ

石垣島の市街地からレンタカーでおよそ30分、新石垣空港からもおよそ35分。

  

石垣島定番スポット「川平湾」から石崎半島をへだてた西側に、南北に弧を描きながらのびる、三日月のような青く美しい海と真っ白な砂浜の「底地ビーチ」があります。  

1.目線の1キロ先まで続く、青と白のロングビーチです♪

海岸沿いの林を抜けると、目の前に広がるのは、白い砂浜と静かに打ち寄せる穏やかな水面、そして視線の遠くまで弧を描きのびる海岸線。

  

底地(すくじ)ビーチは、約1キロにもなるロングビーチ。

  

稜線にある山々の向こうには、マンタウォッチングのポイントとして世界的にも知られる「石崎マンタスクランブル」などのダイビングスポットがあります。

2.湾内にあるビーチだから、波もたたず遠浅で穏やか♪

湾内にあるので、ほとんど波がたたず穏やか。

 

遠浅なので、安心して楽しむことができる天然プールのような海。

  

夏季はハブクラゲ防止ネットが張られ、小さなお子さんでも安心!

  

またビーチ沿いのホテル「石垣シーサイドホテル」のマリンスポーツメニューは、宿泊客以外でも利用できるので、アクティブに遊びたい方でも満足できます♪

3.ビーチ沿いの林が作る木陰は、まるで天然のガゼボ♪

底地ビーチ(すくじびーち)|ビーチ前の林に広がる涼しげな木陰

「海には入りたくない」

「日焼けはしたくない」

   

海に入らない人にも、オススメの過ごし方があります。

底地ビーチ沿いには「モクマオウ」という名の木が防風林として立ち並び、場所取り不要の快適な木陰を作ってくれています。

底地ビーチ(すくじびーち)|木陰から見えるビーチ

そんな木陰に腰掛け、心地よい潮騒と、遠くに連なる石崎半島の稜線を感じながら、ただ静かに海を眺める。

 

日々の喧騒を忘れて心をリフレッシュできる、なんて素敵な癒しのひと時でしょう♪

  

さらにドラマティックな展開があります。

 

底地ビーチは湾が西側を向く、絶好のサンセットスポット!

  

夕暮れ時にビーチに座っていると、やがて世界が黄金色に染まり、水平線に日が沈んでゆきます。

 

そして空と水面が紫色から濃紺へと移ろい、やがて夜空に満天の星空がひろがるのです。

  

  

【行き方】

空港から向かう場合は、島の反対側に進むイメージで、国道390号から県道を209号→87号→79号と進み、川平湾方面に207号を右折、川平郵便局の先を左折し、およそ1.5キロメートルで到着します。

  

市街地から向かう場合は、県道208号を北上し、海岸線を右折して79号を進む。

  

そのまま合流する流れで207号に入り、川平郵便局の先を左折し、およそ1.5キロメートルで到着します。

  

  

Photo&text:緑川 徹也

Instagram Twitter

底地ビーチ(すくじびーち)

住所
沖縄県石垣市川平185-1
電話番号
0980-84-4855(管理事務所:合同会社 Value Creation)
料金目安
無料
営業時間
遊泳期間▶2022年3/20~6/30:9時~18時 ▶7/1~8/31:9時~19時 ▶9/1~10/31:9時~18時
定休日
期間中無休(台風等海況は随時休業)
駐車場
無料/100台
その他
トイレ/更衣室/シャワー(100円)/クラゲ防止ネット(7月~9月)/監視員/売店/コインロッカー/バーベキュー(有料)