新小屋(アラコヤ)|栄町市場の新旧入り混じるネオ大衆酒場で名物「シャルキュトリー」を

沖縄居酒屋

那覇市の国際通りから徒歩15分ほどのところにある栄町(さかえまち)市場。

昼は市場、夜は飲屋街と2つの顔を持つ、ローカルな沖縄を感じられる場所です。

 

その栄町市場の場外で、飲んべえたちから絶大な支持を受けている「新小屋(アラコヤ)」。

看板にオレンジ色の灯りがともる頃、お店を覗いてみました。

1.懐かしさと新しさを兼ね備えた、栄町市場の大衆酒場

新小屋(アラコヤ)|店舗内観

コの字型の木製カウンターが印象的な店内。

昔ながらの大衆酒場の風情を残しながら、現代的な洗練された感じもある、まさにネオタイプの居酒屋です。

 

チャージ代とお通し無しで、予算は2,000円くらいでもOK。庶民的で気軽に楽しめるのも魅力です。

新小屋(アラコヤ)|テーブル席

カウンターの奥にはテーブル席もあります。人気の席なので予約は必至。

週末ともなれば仕事帰りのサラリーマンはもちろん、女性や若いカップルなど多くのお客さんで賑わいます。

 

入口には立ち飲みスペースもあり、ふらっと立ち寄ってサクッと飲むにもおすすめです。

2.安くて旨い!自家製「シャルキュトリー」はコスパ抜群のラインナップ

新小屋(アラコヤ)|シャルキュトリー盛り合わせ

自家製の「シャルキュトリー盛り合わせ(Sサイズ)」は、このボリュームと豪華さで2人前800円(税別)。一番の人気メニューというのも納得です。

 

シャルキュトリーとは、ハムやソーセージなどのお肉から作られる加工品のこと。

「新小屋」では、山原島豚もも肉のハムや豚足のテリーヌ、サラミ、鶏レバーペーストなど、どれも丁寧に作られています。

新小屋(アラコヤ)|豚ホルモンの串焼き

新鮮な豚ホルモンの串焼き1本180円~(税別)は、きれいなピンク色。

霜降りのタン元や、ジューシーなハラミ、貝のような食感のがつ芯など、希少部位も豊富に楽しめます。

新小屋(アラコヤ)|海老とパクチーのサラダ

女性からのオーダー率が高い「海老とパクチーのサラダ780円(税別)」は、オープン当初からの人気メニュー。レモンとナンプラーのさっぱりドレッシングが食欲をそそります。

3.人気グルメスポット!昭和レトロな栄町の魅力を発信

新小屋(アラコヤ)|スタッフの村田さん

生まれも育ちも栄町というスタッフの村田さんは、オープン1年目からお店を支え、大将からの信頼も厚い。

 

彼曰く「はじめて店に来てくれるお客さんとの出会いや、人と人の繋がりが毎日楽しくて、やめたくてもやめられません(笑)」と。

 

素敵なスタッフに囲まれて、ともに町を盛り上げていきたいと考えています。

新小屋(アラコヤ)|スタッフ四名

「栄町には本屋や小学校、交番もあって、昔ながらの市場から新しい商店街、スーパーマーケットまである。いい意味でのカオス感が気に入っています」と村田さん。

国際通りから近いのに、昭和に戻ったかのような懐かしさと親しみやすさにあふれる場所です。

 

ちょっとディープな栄町で、沖縄の夜を満喫しませんか?

 

 

Photo&text:金城 絵里子

(取材:2019年11月)

新小屋(アラコヤ)

住所
沖縄県那覇市安里388-10
電話番号
098-882-3034
営業時間
17時~24時(L.O.フード23時/ドリンク23時30分)日曜・祝日(L.O.フード22時/ドリンク22時30分)金・土・祝前日17時~翌1時(L.O.フード24時/ドリンク24時30分)
定休日
無休
駐車場
近くにコインPあり
その他
北谷町美浜に「新小屋 美浜店」もあります。