MENU

島ジェラート&カフェISOLA

沖縄の全国旅行支援の仕組みについて解説。最大40%割引!

おきなわ彩発見NEXT

ぎらぎら暑い日差しが降り注ぐ沖縄。

「すっきり甘くて、しっかりおいしいものを、おしゃれな空間で…」という方におすすめなのが、読谷村(よみたんそん)にある「島ジェラート&カフェISOLA(イゾラ)」。

旬の食材をたっぷり使った魅惑のジェラートが味わえます。

目次

1.外国人住宅をリノベーションしたおしゃれ空間

島ジェラート&カフェISOLA|店舗外観

那覇空港から北上して車で約40分。

ゆったりとした時間が流れ、のどかな自然に囲まれた読谷村。

絶景スポットの残波(ざんぱ)岬や、沖縄の伝統的な焼き物の聖地「やちむんの里」があることでも知られています。

島ジェラート&カフェISOLA|ジェラートケース

そんな読谷村の大通りから一本道を入ったところにある「島ジェラート&カフェISOLA」。

アメリカ統治時代に、米軍人たちが暮らしていた住宅を改装した隠れ家的なカフェです。

島ジェラート&カフェISOLA|店舗内観テーブル席

平屋の建物に、白を基調とした洗練された店内。

あえて古さを残した、ノスタルジックな雰囲気。

それと絶妙にマッチした、レトロな風合いの家具にオーナーの上地さんのセンスが光ります。

島ジェラート&カフェISOLA|店舗内観座敷席

小さな子ども連れのファミリーにおすすめの座敷。

まるで絵本に出てきそうな小窓から覗く、裏庭の緑にも癒されます。

ほかにも、女子会に人気の広々としたテーブル席があり、ゆっくりランチを楽しむこともできます。

 2.食材の持つおいしさをそのまま引き出すジェラート

島ジェラート&カフェISOLA|ジェラート各種

ビタミンカラーが目を引くジェラートは、地元の農家さんが大切に育てた果物や野菜を使っています。

鮮やかな色は素材が持つ色をそのまま生かしたもの。

香りや味も素材そのものを食べているかのようなおいしさです。

夏は東村産のパイナップルや今帰仁村産のマンゴーなど、旬の素材を扱うのでラインナップは時期によって変わります。

島バナナは原種のみにこだわり、台風のため収穫できないときは作れないこともあるのだそうです。

島ジェラート&カフェISOLA|カップに盛り付けられるジェラート

フレッシュさの中に、シルクのような滑らかさと濃厚な味わいが感じられるジェラート。

シングル・ダブル・トリプルの最大3種類まで1つのカップに入れることができます。

島ジェラート&カフェISOLA|カラフルなジェラート

写真は左から、「ドラゴンフルーツ」と「たんかんソルベ」のダブル、「ココナッツブルー」と「いちごミルク」のダブル。

ドラゴンフルーツはヨーグルトと合わせたさっぱり味。

たんかんソルベは、たんかんをそのまま食べているかのよう、素材以上のおいしさです。

ココナッツブルーは、青い花のハーブを生かした色で、想像よりもココナッツがくどくなくて爽やかな味わい。

読谷産のいちごの果肉がたっぷり入ったいちごミルクも絶品です。

周りの丸いお菓子は、あられのようにサクッとして、口の中でふわっと溶けます。

島ジェラート&カフェISOLA|オーナーの上地さん

県内の有名なリゾートホテルで腕を磨いたオーナーの上地さん。特にデザート作りに夢中だったそうです。

さまざまな試行錯誤を経て、独自のジェラートレシピを完成させ、念願の店をオープンさせました。

生まれも育ちも沖縄の上地さんは「沖縄のいいもの、いい食材をもっと多くの方に知ってほしい。

地元のものを使って、地元からおいしいジェラートを発信していきたい」といいます。

地元愛にあふれた地産地消ジェラートを頬張るとみんな自然と笑顔に。

長距離ドライブや旅の疲れもきっと癒してくれます。

Photo&text:金城 絵里子

(取材:2020年3月)

  1. 住所: 沖縄県中頭郡読谷村楚辺1133
  2. 電話番号: 098-957-0770
  3. 営業時間: 11時~18時(ランチのラストオーダーは15時まで)
  4. 定休日: 日曜
  5. 駐車場: あり
  6. 座席: 23席
  7. 喫煙: 完全禁煙
  8. 店舗詳細URL: http://shima-gelato.okinawa

沖縄の全国旅行支援の仕組みについて解説。最大40%割引!

おきなわ彩発見NEXT
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる