ウォーターサーバーが水漏れする原因・対処法は?気になる損害賠償や防ぐ方法も紹介

ウォーターサーバーが水漏れする原因・対処法は?気になる損害賠償や防ぐ方法も紹介

ウォーターサーバーを利用していると、何らかの原因によって水漏れしてしまう場合があります。

最近、日本でもウォーターサーバーを利用している方は多いですし、自分のサーバーが水漏れしてしまう可能性は考えておくべきです。

そこで、この記事では、ウォーターサーバーの水漏れの原因や対処法などについて、詳しくご紹介します。

目次

ウォーターサーバーが水漏れする原因とは

ウォーターサーバーが水漏れする原因とは

なぜ水漏れが起こるのか、おもな原因を把握しておけば、水漏れを防ぐことができます。

そこで、ウォーターサーバーの水漏れの原因を確認しておきましょう。

ボトルの破損

ウォーターサーバーの水漏れトラブルの原因として、まず考えられるのが、ボトルの破損です。

ボトルの表面や、ボトルキャップが損傷したりすることによって、そこから水が漏れてきてしまう場合があるのです。

なので、水漏れの際にはボトル表面に水が付いていないか、またはボトルの差込口付近に水が溜まっていないかをチェックしておきましょう。

給水コックの故障

頻繁に使用する部分である給水コックは故障しやすいので、サーバーの水漏れトラブルの原因となっていることが多いです。

その場合は、メーカーに修理を依頼しましょう。

また、給水コックが故障していなかったとしても、使用し続けるうちに緩んできて、そこから水漏れしている場合もあるので、その場合はすぐに締め直すようにして下さい。

排水キャップの閉まりが緩い

排水キャップというのは、タンク内の水を出すために使う排水口のキャップのことで、この排水キャップが緩んでいると内部の水が漏れだしてしまい水漏れが起こります。

このケースの場合は、緩んでいた排水キャップを締め直すだけで水漏れが止まるはずです。

排水キャップは、大体、本体の背面にあるのでチェックしてみて下さい。

サーバー・ボトルの不具合

サーバーの内部から水漏れしている場合は、ウォーターサーバー本体の不具合を疑いましょう。

サーバーの内部で、何らかのトラブルが起きている可能性が高いので、すぐにメーカーの連絡して下さい。

SHIROMA

下手に自分で修理しようとしてしまうと、悪化させてしまう事もあるので、本体の不具合の可能性が高いならプロに修理を依頼しましょう。

ボトル・パックの設置ミス

故障や破損が原因ではなく、ただボトルやパックがきちんと設置できていないだけだったという場合もあります。

ウォーターサーバーのボトル・パック差込口から水漏れしている場合は、設置ミスを疑いましょう。

特に、新しいボトルやパックに交換してすぐに水漏れが起こった場合は、このケースである可能性が高いです。

ウォーターサーバーが水漏れした際の対処法

ウォーターサーバーが水漏れした際の対処法

水漏れを放置していると、サーバー本体が不調になるだけでなく、床や周りの家具などに被害が広がってしまいます。

ウォーターサーバーの水漏れが起こった場合には、迅速に対処しましょう。

こちらでは、6つのステップに分けて、ウォーターサーバーが水漏れした際の対処法についてみていきます。

破損物を撮影する

ボトルやサーバーの破損が原因で、水漏れトラブルが起こった場合は、まずは破損物を撮影しておきましょう。

こうする事によって、水漏れの原因が何だったのかを示す証拠を残しておくことができます。

後で、メーカー側と使用者側のどちらに落ち度があったのかを判断するための材料となるので、必ず撮影しておいて下さい。

電源コードやコンセントを確認

破損物の撮影が終わったら、次はウォーターサーバーの電源コードやコンセントを確認してください。

この時、ウォーターサーバーの電源コードは抜いておきましょう。

なぜ、わざわざ電源コードを抜く必要があるのかというと、感電しないためです。

サーバーだけでなく、近くにある他の電化製品の電源コードも、一緒に抜いておくことをおすすめします。

サーバー内の水を出し切る

水漏れが起こった場合、基本的には、本体やボトル内の水が全て抜けるまで収まることはありません。

なので、排水キャップを締めても水漏れが収まらなかった場合は、一度すべて水を出し切ってしまった方が良いです。

SHIROMA

バケツや大判のタオルなどを用意して水漏れ部分に配置し、そこから水を空けてしまいましょう。

ウォーターサーバーを移動させる

ウォーターサーバーの水漏れは、サーバー本体のみならず床や壁、周囲の家具家電などにも被害を及ぼします。

そのため、一度水漏れが起こってしまった場合は、迅速にウォーターサーバーを移動させることをおすすめします。

水漏れしているウォーターサーバーを移動させる場所は、お風呂場やベランダなどの、濡れても良い場所に移動させるのが最善です。

濡れた床や家具を拭く

前述のとおり、ウォーターサーバーの水漏れが起きると、周囲の床や家具家電に被害が及びます。

サーバーの水漏れが起きると、ウォーターサーバー本体ばかりに意識が行ってしまっておろそかになりがちですが、周囲の被害状況も確認して、濡れている場所や家具家電等はすぐにタオルなどで拭くようにしてください。

メーカーに連絡をする

自分でできるウォーターサーバーの水漏れの対処が出来たら、すぐにメーカーのカスタマーサービスに連絡しましょう。

SHIROMA

まずは水漏れがあったことを伝えて、その後、サーバーの様子なども正確に伝えることができるとスムーズです。

もしも、本体に問題がありそうな場合には、新しいサーバーに交換して貰う事も検討しておいて下さい。

ウォーターサーバーの水漏れによる賠償・保障

ウォーターサーバーの水漏れによる賠償・保障

ウォーターサーバーの水漏れトラブルによって、床や家具家電などが被害を受けてしまった場合、どのような賠償や保障が受けられるのでしょうか。

それぞれ解説していきたいと思います。

一軒家の場合の賠償・補償

一軒家の場合は、ウォーターサーバーの水漏れの被害による、床の張替えや家具家電の買い替えなどを自費で行う事になるので、メーカーからの賠償や保障があるのか気になる所でしょう。

使用者に落ち度がある場合は、どんなに被害が大きくても、賠償や保障はないと考えましょう。

ただ、メーカーに過失がある場合は、賠償や保障を受けられる事もあります。

賃貸の場合の賠償・補償

賃貸の場合は、持ち家の場合とは違って、ウォーターサーバーの水漏れが起こり被害が出たら、家主に対する費用弁償が発生してしまう可能性があリます。

なので、賃貸に住んでいる場合は、まずは家主と相談して下さい。

階下にまで被害が行ってしまった場合は、損害賠償と慰謝料等の費用弁償が発生する可能性もあります。

メーカー側に損害賠償金の請求は可能?

ウォーターサーバーの水漏れによる、漏水トラブルで発生した損害賠償は、メーカーに請求できるのか気になっている方は多いでしょう。

結論から言うと、メーカーに損害賠償を請求できるか否かは場合によります。

水漏れの原因が利用者にあるときや、メーカーが過失を認めない場合は、基本的に補償は受けられません。

対応が悪い場合は国民生活センターへ

明らかにメーカー側に非があるのにもかかわらず、取り合って貰えないという場合は、思い切って国民生活センターに連絡しましょう。

SHIROMA

消費者ホットラインの番号である、局番なしの【188】に連絡してみて下さい。

商品やサービスなどの消費生活全般に対する相談に乗ってくれるので、この問題に関しても対処して貰えるでしょう。

各メーカーのウォーターサーバー水漏れトラブル対応表

各メーカーのウォーターサーバー水漏れトラブル対応表

【アクアクララ】 月額1,100~3,300円(税込)のあんしんサポート料に故障対応が含まれている

【クリクラ】 月額417円(税抜)のあんしんサポートパック料に故障時の無償対応が含まれている

【コスモウォーター】 通常使用範囲と判断されれば、無料で交換してくれる
※通常の使用範囲外での故障・破損・汚損は、実費負担あり

【フレシャス】 状況によっては、無料で交換
購入プランの場合、3年間の製品保証付き
※ただし、過失による破損等は別途料金発生

ウォーターサーバーの水漏れを防ぐ方法

ウォーターサーバーの水漏れを防ぐ方法

ここまで水漏れが起きてしまった後のことをご紹介しましたが、水漏れのトラブルが起こらないように、ウォーターサーバーの水漏れを防ぐことが大切です。

さいごに、ウォーターサーバーの水漏れの予防方法を確認しておきましょう。

ボトルはしっかり装着

ボトルの設置ミスによって、ウォーターサーバーの水漏れが起こってしまうケースは少なくないので、設置時はきちんと装着できているかを確認することが大切です。

差込口が斜めに入っていないか、中栓が外れていないか、ボトルキャップが破損していないか等を全て確認した上で、使用するようにしましょう。

設置時の確認を、習慣化しておくと安心です。

コックの故障や緩みをチェック

給水コックの故障や緩みは、ウォーターサーバーの水漏れの原因としてよく挙げられています。

ですが、こういった給水コックを原因としたウォーターサーバーの水漏れは、日常的にコックの状態を確認することである程度防ぐことができるのです。

なので、普段から定期的に、給水コックの緩みや故障が起こっていないかをチェックしておきましょう。

サーバーの下にタオルを敷く

水漏れが起きてからタオルを敷くのではなく、常日頃からサーバーの下にタオルを敷いておくことで、万が一水漏れを起こしてしまった場合、ある程度被害を抑えることができます。

なので、ウォーターサーバーの水漏れによる被害を防ぐために、ウォーターサーバーの設置個所には普段からタオルを敷いておくことをおすすめします。

ボトルの保管場所に注意

ボトルの破損による水漏れを防ぐために、ボトルのストックの保管場所には注意して下さい。

子供が倒したり、ペットが噛んで傷がついてしまうというケースが多いので、子どもやペットの手が届かないところ・家具などに引っかからないところに保管するようにしましょう。

SHIROMA

また、ボトルを設置する前に傷がないかをチェックしておくと良いです。

メンテナンスを定期的に行う

安全にウォーターサーバーを使用する為に、セルフメンテナンスを行うことをおすすめします。

メーカーが定期メンテナンスを実施しているサーバーも多いですが、それ以外にもセルフメンテナンスとして日常的に、溜まっている水を拭いたり、給水コックや排水キャップが締まっているかチェックしておくことが故障防止になるのです。

ウォーターサーバーの水漏れについてまとめ

ウォーターサーバーのボトルは、大きいものだと18Lの容量があるので、満タン時に水漏れしてしまうと甚大な被害になってしまう事もあります。

そのため、ウォーターサーバーの水漏れが起こった場合に、どう行動するのかを知っておく事は大切です。

使用者に落ち度がある場合は、補償は期待できないので、水漏れが起きないように注意して下さい。

シェアしてくれたら喜びます!
目次