セルフ脱毛にサングラスは必要?目に影響がある?理由も解説!

セルフ脱毛にサングラスは必要?目に影響がある?理由も解説!

セルフ脱毛を行っている様子を見た時に、サングラスをかけて行っている写真や映像をよく見る事かと思います。

そこで、このサングラスは必ず着用しなければならないのか、疑問に感じた方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、セルフ脱毛時とサングラスの関係について、様々なポイントから解説します。

目次

セルフ脱毛するときにサングラスは必要?

セルフ脱毛するときにサングラスは必要?

セルフ脱毛時に、サングラスが必要かどうかは、ケースによって異なります。

こちらでは、セルフ脱毛器を使用する際と、セルフ脱毛サロンを利用する場合に分けて解説します。

セルフ脱毛器の場合

セルフ脱毛器の場合は、サングラスが必要になるかどうかは機種により異なります。

種類によってはサングラスの着用が必須の製品もありますが、その場合は付属品として、サングラスが付いてくることもあるのが特徴です。

また、サングラスは必要ないと明記されている製品もありますので、購入時にチェックしておくようにしましょう。

セルフ脱毛サロンの場合

施術時にトラブルが起こるリスクを下げるため、セルフ脱毛サロンの場合は、ほとんどの店舗においてサングラスの着用が必須となっています。

そのため、施術を行う個室にサングラスが備え付けられているのが特徴です。

ちか

セルフ脱毛サロンの施術は、基本的に自己責任のもとで行うので、トラブルを回避するためにも必ずサングラスを使用しましょう。

セルフ脱毛時にサングラスが必要な理由

セルフ脱毛時にサングラスが必要な理由

セルフ脱毛器によって照射された光が目に直撃してしまうと、目を傷めてしまう恐れがあります。

脱毛器は、毛根にあるメラニン色素に光を照射して反応を起こし、それによって熱を与えるのですが、日本人はメラニン色素が多い黒目の人が多数ですので、光が目に入った場合に痛めてしまう可能性があるのです。

ちか

そのため、セルフ脱毛を行う際は、サングラスの着用が必須となっているケースがほとんどになります。

セルフ脱毛器自体は安全性のある機器ですので、脱毛時に肌を密着させている時以外は光が照射されない設計になっているのがほとんどですが、トラブルのリスクを下げるためにもサングラスを着用するに越したことはありません。

したがって、脱毛器を使用してセルフ脱毛を行う際は、サングラスを着用するよう心がけましょう。

セルフ脱毛におすすめのサングラス

セルフ脱毛におすすめのサングラス

セルフ脱毛を行うときには、どのようなサングラスを使うとよいのでしょうか。

それぞれ解説していきたいと思います。

付属品

まず基本的には、セルフ脱毛器に付属しているサングラスや、セルフ脱毛サロンの備え付けのサングラスを使用すれば問題ありません。

付属や備え付けのサングラスは、その製品を安全に使用するために付属されている物ですので、サイズが合わない等の使用に個別の問題が生じた場合を除いて、そのまま使用することをおすすめします。

市販のサングラス

サングラスの着用が必須のセルフ脱毛器には、サングラスが付属していることもありますが、基本的には付属していないことの方が多いのです。

その際は、自分でサングラスを購入することとなります。

自分で市販品を購入する場合、特別なサングラスを用意する必要はありません。

ちか

サングラスの色が薄く、遮光性が低いものは避ける必要がありますが、しっかりとした色の濃さのサングラスであれば安いものでもOKです。

セルフ脱毛時にメガネをかけていたらサングラスはどうする?

セルフ脱毛時にメガネをかけていたらサングラスはどうする?

思いがけないトラブルを避けるためにも、セルフ脱毛時にはサングラスを着用したほうがよいでしょう。

ですが、日常的にメガネをかけている人は、どのようにすればよいのでしょうか。

こちらでは、普段からメガネをかけているかたに向けて、対処法を3つ紹介します。

メガネの上からサングラスをかける

シンプルな方法として、普段かけているメガネの上から、そのままサングラスを着用するという手段を取っても問題ありません。

サングラスはメガネの上から着用しても問題なくかけられることが多いので、一番簡単な方法としておすすめです。

ただし、メガネの上からかけた場合はサングラスがずれて固定するのが難しいことがあるので、この点は注意が必要です。

裸眼でサングラスをかける

メガネの上からサングラスをかけるのは、不安定で抵抗があるという場合は、裸眼でサングラスをかけるのも良いでしょう。

しかし、当然ながら裸眼視力が悪い方は、セルフ脱毛を行う際も見え辛くなってしまうデメリットがあります。

ちか

そのため、コンタクトレンズを使用されている方は、コンタクトを装着したうえでサングラスを使用するのがおすすめです。

クリップ式のサングラスを使う

メガネの上に直接装着して使用できる、クリップ式のサングラスもおすすめです。

クリップ式のサングラスは、つけ外しが簡単なのが特徴になります。

そのため、脱毛時のみ装着すれば良く、通常時は取り外せば良いので、普段使いのメガネと併用して使用することが可能です。

セルフ脱毛時にサングラスがない場合の代替案

セルフ脱毛時にサングラスがない場合の代替案

セルフ脱毛を行う際に、どうしてもサングラスが用意できない場合は、どうすればよいのでしょうか。

サングラスがない場合の代替案を紹介します。

照射時に目をつぶる

単純な方法になりますが、照射する瞬間だけ目をつぶるのも有効な対処法です。

脱毛器が照射する光は、直接眼球に光が当たることが無ければ大きな問題が生じることはありませんので、サングラスが無い場合は、この方法が最もシンプルな対処法になります。

アイマスクで目を隠す

照射する瞬間のみ、アイマスクで目を隠すという対処法もあります。

しかし、この方法の場合は、照射するたびにアイマスクを抑えたりつけ外しを行ったり、また脱毛器を持ちながらそれらを行う必要もあるため、煩わしく感じるかもしれません。

セルフ脱毛にサングラスは必要?目に影響がある?理由も解説!のまとめ

このように、セルフ脱毛器自体は安全に使用できるよう設計されているものの、やはり目を傷めるリスクを下げるためには、サングラスの着用が推奨されると言えるでしょう。

特に、着用が必須とされている機器では、必ずサングラスを着用する必要があります。

安全にセルフ脱毛を行うためにも、サングラスの着用を心がけるようにしましょう。

シェアしてくれたら喜びます!
目次