Atelier43(アトリエヨンサン)|屋我地島の小さなやちむん工房

焼き物/シーサー

沖縄の北部の名護市から橋で繋がる離島「屋我地島(やがじしま)」。

お隣の古宇利島(こうりじま)に比べ知名度の低い島ですが、だからこそ豊かな自然が残り、静けさが島全体を包んでいます。

 

そんな島の海沿いにひっそりと佇むのが、「Atelier43(アトリエヨンサン)」。

 

カフェのようにおしゃれなインテリアの中、オブジェのようにオリジナルの器や雑貨が並び、ゆったりとやちむん作り体験ができます。

1.カフェのようにおしゃれなやちむん体験工房

Atelier43(アトリエヨンサン)|

「Atelier43」にたどり着くには、うねうねと伸びる屋我地島の細い道をたどっていかなければいけません。

 

その先に現れるのが、白い外壁と茶色い屋根、扉の小さな建物。

強い潮風を遮るように茂る樹木に守られ、静かに佇んでいました。

中に入ると、以外にも広々。

壁に沿うようシーサーや器がディスプレイされ、大きな窓から差す光が明るく照らします。

 

照明の灯りも優しく、穏やかな時間が流れていました。

Atelier43(アトリエヨンサン)|店内中央に配置された、やちむん作り体験用の長テーブル

中央には大きなテーブルが何台か並んでいます。

このテーブルはやちむんの器作り体験のためのもの。

 

大型の体験工房と違い、少人数で講師の方から教えてもらえるので、慌てず自分のペースで作れます。

Atelier43(アトリエヨンサン)|シーサー作りを体験している女性

穏やかな雰囲気とおしゃれなインテリアのせいか、体験者のほとんどが女性とのこと。

わざわざ沖縄の離島まで来て体験するなら、騒がしい場所より、落ち着いた場所でやりたいものですよね。

 

感度の高い女性に好まれるのも納得です。

2. 沖縄旅行のお土産におすすめの、リーズナブルなやちむんの器と雑貨

Atelier43(アトリエヨンサン)|販売されているやちむんの器やカップ

「Atelier43」では体験だけでなく、沖縄旅行のお土産や思い出にもおすすめのお買い物も楽しめます。

 

工房の作家さんたちが作ったオリジナルの食器やシーサーはどれも、工房のイメージ通りにおしゃれで優しげ。

Atelier43(アトリエヨンサン)|沖縄の海をイメージして作られた、青い器

こちらは沖縄の海をイメージして作られたシリーズ。

柔らかなブルーがどんな食卓にもよくなじみます。

 

お値段は小皿なら890円~と、一般的なやちむんに比べかなりリーズナブルなのも魅力的。

Atelier43(アトリエヨンサン)|白地に単色の斑点模様の小さなシーサー

Atelier43(アトリエヨンサン)|陶器のアクセサリー

小ぶりのシーサーや陶器のアクセサリーも全てオリジナル。

通常は赤土で作られるやちむんを白土で作ることで軽量化し、身に付けやすくしています。

 

陶器とは思えないほどに軽いので、普段使いのアクセサリーにぴったり!

さらに驚くのが、そのお値段。

 

シーサーはペアで1,210円~、イアリングとピアスは890円と、比較的高価なやちむんでは考えられない価格です。

  

できる限り低価格に設定したのは、やちむんに馴染みのない人でも気軽に買えるようにという工房の思いから。

 

ぜひ自分用に、プレゼント用に購入してみて、旅の思い出を持ち帰ってはいかがでしょう?

 

  

text:仲濱 淳

Photo:白木 裕紀子

Atelier43(アトリエヨンサン)

住所
沖縄県名護市済井出252
電話番号
0980-52-8027
営業時間
9:30~20:00(最終受付18:30)
定休日
無休
駐車場
あり
https://www.atelier43.net/