MENU

わいわいビーチ|ウミガメにも出会える!コバルトブルーのグラデーションに心奪われる

沖縄の全国旅行支援の仕組みについて解説。最大40%割引!

おきなわ彩発見NEXT

「わいわいビーチ」は、漁港の隣につくられたこじんまりとした人工ビーチで、「博愛わいわいビーチ」の愛称でも親しまれています。

トイレ・シャワーが完備されている割には、利用者が少なく、のんびりと静かに過ごしたい方におすすめです。

またこの人工ビーチの隣には、ウミガメに出会えることで有名なビーチもあります。

目次

1.見事なコバルトブルーのグラデーション

上野地区の「博愛漁港」に隣接するこじんまりした人工ビーチ。

博愛漁港は、半潜水水中観光船「シースカイ博愛」も出港している港です。

▲半潜水水中観光船「シースカイ博愛」
▲漁港に入って、すぐ左手にある駐車場

(漁港施設への駐車は漁業活動の妨げとなりますので、こちらの駐車場へ止めましょう。)

駐車場に車を止め奥へと進んでいくと、驚くほどのコバルトブルーのグラデーションが見事なビーチが、目の前に広がります。

とても人工ビーチとは思えない、まさに「宮古ブルーの極み」と言えるほどの素晴らしい透明度です。

湾になっているため波が穏やかで、のんびりと海水浴をしたり、また宮古ブルーを眺めながら、ビーチ周辺を散策するのもおすすめです!

▲東屋もいたるところに設置されています

たまにのんびりと草を食(は)んでいるヤギがいて、のどかな島時間を感じさせてくれます。

2.高確率でウミガメと出会えるビーチ

人工ビーチからさらに奥へと進むと、テトラポットの向こう側にもビーチが広がっています。

ウミガメに出会えるビーチとして有名なのはこちら側のビーチ。

ちなみに満潮時の方が遭遇しやすいそうですので、時間に余裕がある方は、ぜひ満潮時に合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

ただし、ウミガメが見えても絶対に手を触れず、遠くから観察する程度にして、生態系に配慮をしましょう。

またシュノーケリングを楽しむ場合は、そのときの海の状況により、潮の流れが強かったりすることもあります。

シュノーケリングに慣れていない場合などは、ツアーに参加することをおすすめします。

高確率でウミガメと出会えるわいわいビーチ。

シュノーケリングに、散策に、のんびりとコバルトブルーのグラデーションに癒されてみてはいかがでしょうか?

※この海岸は、「沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保等に関する条例」に基づく「海水浴場」ではありません。

自己責任においてご利用してください。

Photo&Text:松川 千鶴

(取材:2022年10月)

  1. 住所: 沖縄県宮古島市上野962
  2. 駐車場: あり
  3. その他: トイレ/あり シャワー/あり

沖縄の全国旅行支援の仕組みについて解説。最大40%割引!

おきなわ彩発見NEXT
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる