エーデルワイス沖縄|イートインもお土産も。沖縄素材を使ったワンランク上のスイーツ

カフェ/スイーツ

沖縄のお土産と言えば「紅芋タルト」と「ちんすこう」が定番ですが、何回か沖縄に来られている方はきっと“いつもとは違う”けど“沖縄らしい”お土産品を探されるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな方にぴったりの商品を紹介させてください。

1.観光客から人気No.1のお菓子「島果(しまか)のしずく」

エーデルワイス沖縄|店舗外観

那覇市のメインストリート「国際通り」の入口にある、沖縄唯一の百貨店「デパートリウボウ」。

 

その1階に入っている「エーデルワイス沖縄」は、沖縄素材を使ったショコラやケーキ、焼き菓子、お土産品が揃い、県内外から数多くのリピーターが訪れます。

エーデルワイス沖縄|紫色と黄色のパッケージが映える「島果(しまか)のしずく」

中でも人気があるのは、エーデルワイス沖縄の観光商品売り上げの半分を占めるという「島果(しまか)のしずく」。

 

バターの香りが豊かな生地の中に沖縄素材を包み込んだ島果のしずくは「紅芋フィナンシェ」「ヒラミーレモン(シークヮーサー)マドレーヌ」「黒糖フィナンシェ」の3種類。

エーデルワイス沖縄|一番人気の「紅芋フィナンシェ」

その中で断トツ人気No.1は、バターが香るリッチな生地に、沖縄県産の紅芋“ちゅら恋紅”の餡をたっぷり詰め込んだ一口サイズの紅芋フィナンシェです。

エーデルワイス沖縄|沖縄県産の紅芋“ちゅら恋紅”の餡を詰め込んだ「紅芋フィナンシェ」

(画像提供:エーデルワイス沖縄)

 

個包装になっているため、人数が多めの会社で配るのにもおすすめ。

 

こちらは「デパートリウボウ那覇空港店」でも扱っているので、買い忘れの心配もありません。

2.「沖縄に恩返しがしたい」という石垣島出身の創業者の想いがカタチに

エーデルワイス沖縄|創業者の比屋根 毅(ひやね つよし)さんと開業当時の洋菓子店「エーデルワイス」

エーデルワイス沖縄の創業者は2020年に天国へと旅立たれた、石垣島出身の比屋根 毅(ひやね つよし)さんです。

 

石垣島で育った比屋根さんは中学卒業後、那覇で2年間過ごし、その後大阪の製菓会社に就職。

 

全国菓子大博覧会で大賞を受賞した比屋根さんは何度もヨーロッパへ渡り、本場の技術と味を身につけ、28歳で兵庫県に、のちに国内でも屈指の洋菓子店となる「エーデルワイス」を創業。

 

7坪の小さな店舗からのスタートでしたが、その後「アンテノール」「ル ビアン」「ヴィタメール」などの洋菓子、パンの8ブランドを一代で築き上げ、全国に80店舗を展開することに成功しました。

エーデルワイス沖縄|2020年に亡くなった創業者の比屋根 毅(ひやね つよし)さん

(画像提供:エーデルワイス沖縄)

 

そんな比屋根さんは長年「いつか沖縄に恩返しがしたい」という想いを抱き続けてきたそうで、創業50周年を間近に控えた2014年に地元企業「オキコ」と共に「エーデルワイス沖縄」を立ち上げました。

   

比屋根さんが亡くなった後は長男の祥行さんが社長に就任し、社員全員で「ワンランク上のケーキを沖縄県民に届けたい」という比屋根さんの想いを引き継いでいます。

3.濃厚!沖縄素材を使った紅芋モンブラン

エーデルワイス沖縄|ショーケースに並んだ、ショートケーキやレモンタルト、レアチーズ、フルーツタルトなど色鮮やかなケーキ。

エーデルワイス沖縄のショーケースには、フレーズ(ショートケーキ)やレモンタルト、レアチーズ、フルーツタルトなど色鮮やかなケーキがずらり。

エーデルワイス沖縄|紫のクリームが美しい「紅芋モンブラン」

一際目を引くのは「紅芋モンブラン」。

しっとりと焼き上げたココア生地に、栗の入ったシャンティ(クリーム)、そのまわりに沖縄県産紅芋100%の濃厚な紅芋クリームを絞ったケーキです。

 

テイクアウトはもちろん、イートインではお得なケーキセットのご用意も。

お買い物や観光の合間にホッと一息つきたい時にぜひ。

4.沖縄が詰まった一粒で幸せになれるショコラ

エーデルワイス沖縄|高級感のあるショコラ

またエーデルワイス沖縄では、ヨーロッパの伝統的な製法とショコラティエの技で作り上げた本格ショコラも扱っています。

 

ショコラは常時15〜16種類を扱いますが、紅芋、ヒラミー、石垣島の塩、琉球泡盛など、沖縄ならではの食材を使ったものも。

エーデルワイス沖縄|お皿に乗せられた「ヒラミーレモン」「紅芋」「デイゴ」のショコラ

こちらは、県産のシークヮーサー果汁と果皮を使ったガナッシュが入った「ヒラミーレモン」と、紅芋を使ったガナッシュ入りの「紅芋」、石垣島の塩と琉球泡盛を使ったガナッシュが入った大人味の「デイゴ」です。

 

ドリンクとセットになったショコラセットは店内でも味わうことができるので、気になるショコラを試してみてはいかがでしょうか。

5.軽食からパスタまで、イートインメニューも豊富

エーデルワイス沖縄|苺の目立つフルーツサンドとホットコーヒー

(画像提供:エーデルワイス沖縄)

エーデルワイス沖縄|パプリカやトマトとディスプレイされた、白い丸皿に盛られたナポリタン。

(画像提供:エーデルワイス沖縄)

店内では、ケーキやショコラの他にも、サンドイッチやフルーツサンド、ボリュームたっぷりのサラダ、パスタ、オムライスなど、軽食・ランチタイムにぴったりのメニューも揃っています。

 

ランチやカフェを楽しんだ後、リウボウ館内を見てまわるのも良さそうですね。

リウボウはゆいレールの県庁駅直通なので、雨の日でも濡れることなくアクセスすることができます。

 

地元のリピーターや、取引先への手土産を購入する近隣のサラリーマン・OL、観光客に愛されるエーデルワイス沖縄ですが、今後は「県内のお客様に愛され続ける商品づくり」を大切にしつつ、県外、そして海外展開も視野に入れているそうです。

  

地元に愛されるmade in okinawaを、あなたも味わってみませんか?

  

   

Photo &text:舘幸子

(取材:2021年8月)

エーデルワイス沖縄

住所
沖縄県那覇市久茂地1-1-1 デパートリウボウ1F
電話番号
098-917-4956
営業時間
10:00〜21:00(L.O.23:30)
https://edelweiss.okinawa/