MENU

鉄板焼きステーキレストラン 碧

沖縄旅行に来たら一度は食べたいご当地グルメ「ステーキ」。

沖縄には数多くのステーキ専門店がありますが、ひときわ特徴的なお店が「鉄板焼きステーキレストラン 碧(へき)」です。

県内外に合わせて4店舗を構える碧は、スタッフの構成にはじまり、食材、器、全てに独自のこだわりが貫かれています。

目次

1.スタッフは全員女性。細やかな心配りとサービスがうれしい

碧|女性スタッフ

碧の最も大きな特徴といえるのが、店内のスタッフが全員女性だということ。

鉄板焼きをお客様の目の前で作るスタッフ、厨房スタッフ、フロアスタッフ、どの方を見ても女性ばかりなのです。

これは創業者(もちろん女性!)のアイデアだそう。

碧|お肉を焼く女性スタッフ

碧はお客様の目の前で鉄板焼きを作るスタイルなので、コミュニケーションをとても大切にしています。

会話を華やかにし、かつ細やかな気配りを得意とする女性の方が、碧のスタイルには合うという考えのもと、あえて女性だけで切り盛りしているとのこと。

シェフが女性という安心感から、一人で訪れる女性客や子どもを連れたファミリーも多いといいます。

2.沖縄県産を中心にこだわりの食材を使う

碧|調理前のステーキ肉

沖縄のステーキ店は、ボリューミーでバターたっぷりのガッツリ系アメリカンスタイルが一般的ですが、碧は趣が異なります。

碧が心がけていることは、体にあまり負担にならず、ヘルシーにいただけるステーキを作ること。

ステーキ肉には、最高級オーストラリア牛と沖縄県産和牛という上質なものを選び、ベテランの女性シェフが時間をかけてスジや脂の少ないステーキ肉に仕上げます。

碧|エキストラバージンオリーブオイル

ステーキを焼く時には、バターではなく上質な牛脂を。

それ以外の食材にはエキストラバージンオリーブオイルを。

スープ類やご飯にはミネラル豊富な海洋深層水を使い、塩も海洋深層水から造られた塩を使うなど、体に良いものだけを厳選しています。

3.碧オリジナルの器で鉄板焼きを一層おいしく

碧|やちむん焼きの器

食事の魅力をさらに引き立てるのが器。碧では当然、器にもこだわります。

陶器類は、やちむんの陶芸家であり人気の窯元「南陶窯」主宰の久場政一氏が作るオリジナル。

グラス類にもやはりオリジナルの琉球ガラスを用い、沖縄らしい食事の時間を演出しています。

碧|鉄板で焼かれるお肉

独自のホスピタリティとこだわりで、大切な旅先の食事の時間をさらに盛り上げてくれる碧のサービス。

ステーキの味、香りとともに、心に深く刻まれるに違いありません。

text:仲濱 淳

Photo:白木 裕紀子

(取材:2019年11月)

住所: 沖縄県那覇市東町19-25

電話番号: 098-917-3205

営業時間: 11:30 ~ 22:00(L.O.20:30)

定休日: 無休

駐車場: あり

その他: 今回取材した店舗のほか、碧は沖縄県内に1店舗あります。詳細は公式サイトをご確認ください。

店舗詳細URL: https://www.heki.co.jp/index.html
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる