沖縄旅行|3月の気候やおすすめの服装、ロケーションをご紹介!【沖楽|沖縄旅行の服装カレンダー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅行の服装カレンダー

  • トップ
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

沖縄旅行3月にオススメの服装

沖縄の短い冬が終わり、長い夏へとシフトしていく気候の変化を肌で感じる事が出来る時期です。
前半はまだ冷え込みが残りますが、例年中旬を超えた頃から晴れ間が目立ち始め、少しずつ天候が安定していくと、日差しに力強さが増し、
空の色や空気に沖縄の初夏「うりずん」の気配を感じる事が出来ます。
まだ日によって風が強くなる場合があることから、防寒着と長袖シャツなど、気温に合わせて調整出来る服装がおすすめです。

3月におすすめの服装

3月におすすめの服装

この時期の気温と水温
気温:18.7℃ | 海水温:21.6℃
この時期の服装アドバイス!
半袖・長袖シャツ/風よけの上着やコート等/長ズボンなど
この時期にマストなアイテム!
日焼け対策!(日焼け止め・日傘・帽子・サングラス)
マリンスポーツを楽しむ方(サンダル・ラッシュガード・防風着)
寒さ対策!(コート・マフラー)
3月の沖縄旅行概要
沖縄県内各地では、花々を愛でるイベントや屋外でのスポーツイベントが続々と開催されはじめます。
暖かい日差しに誘われるように観光客の姿が増え始め、卒業旅行や春休みシーズンとも重なることから、観光の活気もあがり、県内各地ではレンタカーに乗って各地を訪れる、観光客の姿も目立つようになってきます。
3月中旬から末頃には海開きするビーチも出始め、いよいよ沖縄の初夏がはじまります。マリンレジャーも活気付きはじめ、県内各地のスポットでは、「体験ダイビング」に「シュノーケリング」「パラセーリング」「チューブ系マリンレジャー」など、主に卒業旅行で沖縄旅行に訪れた学生たちの姿が目立つようになります。
ゴールデンウィークや夏休みだと大変混雑する、恩納村の人気スポット真栄田岬の「青の洞窟」も、この時期はまだ混雑も少なく、おすすめです。「青の洞窟」は真栄田岬現地集合して、階段から海に入るスタイルと、近隣店舗に集合して、ボートで「青の洞窟」近くまで行って海に入るスタイルがあります。
それぞれのスタイルで一長一短ありますので、ご自身にあったプランを選択ください。

3月にオススメのロケーション

備瀬のフクギ並木

備瀬のフクギ並木

沖縄県国頭郡本部町備瀬414那覇空港から車で約1時間50分

このロケーションの服装アドバイス!

3月の平均気温:18.7℃

沖縄本島北部、沖縄美ら海水族館近くにある「備瀬のフクギ並木」
民家を囲むようにして植えられたフクギは防風林として風や日差しから守っています。
木漏れ日が差し込む並木道は、ゆったり癒しの空間…。
全長1kmほどありますので歩きやすい服装がオススメです!
夏場は帽子やサングラスが必須!

このページの先頭へ