沖縄旅行|2月の気候やおすすめの服装、ロケーションをご紹介!【沖楽|沖縄旅行の服装カレンダー】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄旅行の服装カレンダー

  • トップ
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月
  • 1月
  • 2月
  • 3月

沖縄旅行2月にオススメの服装

沖縄でもっとも冷え込む時期と言えます。北東の風が強く、気温以上に体感温度が低く感じられます。
天候も不安定な日が多く、時には数日間シトシトと雨の日が続くことも。
とは言え東京や大阪の2月の平均気温6℃前後に比べると、沖縄は平均気温が16.1℃と約10℃近くも高い事から、シニアカップルが
強い日差しや混雑を避け、さらに避寒も兼ねながら、レンタカーや観光バスでゆったりと沖縄旅行を楽しむにはおすすめの時期です。

2月におすすめの服装

2月におすすめの服装

この時期の気温と水温
気温:16.1℃ | 海水温:21.5℃
この時期の服装アドバイス!
長袖シャツ/厚手の上着やコート等/長ズボン/スパッツなど
この時期にマストなアイテム!
日焼け対策(日傘・帽子※日差しが気になる方)
マリンスポーツを楽しむ方(サンダル・ラッシュガード・防風着)
寒さ対策!(コート・マフラー・カイロ)
2月の沖縄旅行概要
例年この時期は沖縄の温暖な気候を求めて、日本中はもとより周辺海外からのスポーツチームのキャンプが行われにぎわいを見せます。特に沖縄本島離島各地には、それぞれ日本のプロ野球球団のキャンプ地が点在しており、この時期は、レンタカーを借りて各地を巡るスポーツファンの姿を多く見受ける事が出来ます。
その他にも県内各地で、屋外スポーツに適した気温を利用したマラソン大会などが多く開催される事も特徴です。1月から引き続き、冬の沖縄で人気の高い「ホエールウォッチング」はこの時期全盛期を迎え、県内各地の港から、毎日午前午後の2便ずつが出航しており(海況により欠航あり)、大海原で繰り広げられる大自然の壮大なドラマに多くの観光客の皆さんが魅了されています。
※冬の沖縄の海は海況次第で波が立ち、船が継続的に揺れる事があります。
船酔いが心配な方は、体調を整えた上で、事前に酔い止め薬を服用の上でプラン参加をおすすめします。ホエールウォッチングに関してご不明な点はコチラをご確認ください。
また「観光バス会社が主催するコース別プラン」への参加もおすすめです。沖縄の夏は日差しが強いため、あえてこの時期に、観光バスに揺られながらゆったりと過ごすバスツアーは、小さなお子様から友人同士、知らない土地で運転をさけたい方々にも人気があります。定番の「沖縄美ら海水族館」をメインとした北部周遊プランや、「首里城」をメインとした世界遺産巡りのプラン、沖縄の戦跡を巡るプランなど、沖縄の歴史をじっくりと見つめてまわるプランもおすすめです。

2月にオススメのロケーション

ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

このロケーションの服装アドバイス!

2月の平均気温:16.1℃

毎年12月の下旬~4月上旬まで沖縄では、出産と子育てのために沖縄へやってくるザトウクジラを観察する「ホエールウォッチング」プランを楽しむことができます!特にオススメの2月~3月は気温も低く、船上は日差しはあっても風が強く陸地よりも体感温度が低く感じられるので日焼け&防寒対策が大事です!
乗船の際は安全のためヒールのある靴、サンダルは禁止!
水飛沫などで濡れる可能性もあるので着替えがあるとバッチリ!

このページの先頭へ